【道路交通法改定】あおり運転で即座に免許取り消し&懲役5年!?

投稿日:

令和2年6月30日から道路交通法の改定があり、あおり運転が厳罰化されるようになりました。

新設された罰則では

車間を詰めた

クラクションを鳴らした

急ブレーキをかけた

等も罰則の対象になります。

 

あなたも知らない間に「あおり運転」の加害者になってしまうかもしれません。

そんなあおり運転に関する改正道路交通法のポイントをまとめましたのでぜひご覧ください。

 

あおり運転の対象となりうる10類型の違反

*警視庁ポスターより

  • 通行区分違反
  • 急ブレーキ禁止違反
  • 車間距離不保持
  • 進路変更禁止違
  • 反追い越し違反
  • 減光等義務違反
  • 警音機使用制限違反
  • 安全運転義務違反
  • 最低速度違反
  • (高速自動車国道)高速自動車国道等駐停車違反

 

あおり運転に関する罰則と行政処分

令和2年6月30日以前のあおり運転に関する罰則

あおり運転をそのものを取り締まる規程はなく、既存の法律を適用

道路交通法

刑法(暴行罪・強要罪など)

*例えば車間距離を詰めただけでは反則金を支払えば刑事責任には問われない

 

① 妨害運転(交通の危険の恐れ)

3年以下の懲役または50万円以下の罰金

異端点数25点

免許取り消し(欠格期間2年)

*前歴や累積点数がある場合には最大5年

他の車両等を妨害する目的で、上に記載した10類型の違反行為であって、当該他の車両等に道路における交通の危険を生じさせる恐れのある方法によるものをした場合。

 

② 妨害運転(著しい交通の危険)

5年以下の懲役叉は100万円以下の罰金

違反点数35点

免許取り消し(欠格期間3年)

*前歴や累積点数がある場合には最大10年

①の罪を犯し、よって高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた場合。

 

あおり運転は許すことができない重い罪と心得てください

あおり運転を未然に防止 もし運転中に怒りや苛立ちを覚えたら

あおり運転の加害者の92%が、「被害者側が通行を妨害した」と主張しています。

通行を妨害された!そんな場面に遭遇したらあおり運転になる前に、

深呼吸

思いやり・譲り合い

の安全運転を心がけましょう

 

 

あおり運転に遭遇してしまったときの心得

日本政府インターネットテレビ

自分があおり運転の被害者になってしまった場合はどう対処すればよいでしょう。

あおり運転に遭遇した場合は

人の多い安全な場所に避難する(駐車場やPA等)

110番に通報

ドアは必ずロック(相手が追ってくる場合がある)

 

ドライブレコーダーなど有効に活用

相手が現場から逃げても映像が捜査に役立つことがあります

情報提供のポイント

・ 提供する情報の日時場所が特定されている。

・ ドライブレコーダー等に映像が保存されている。

・ 記録された映像は加工、修正しない。

・ 車のナンバー、相手の特徴等をメモにする。

 

あおり運転を疑われる!?自分を守るためにもドライブレコーダーを

あおり運転をしているつもりはないのに、相手からあおり運転を指摘された。身に覚えがないのに疑われた。というトラブルを防ぐためにも、ドライブレコーダーは有効です。

あおり運転は、前方からだけではなく後方からも撮影できることが有効ですし、あらぬ疑いをかけられないようにするためにも必須アイテムになるでしょう。

【最新版】人気の前後カメラドライブレコーダー5選

【最新版】人気の前後カメラドライブレコーダー5選

 

福祉車両ヤマシタオートでは、福祉車両や自動車に関する情報を発信しています

特に福祉車両に特化した福祉車両改造にご興味のある方はぜひご覧ください。

当店が福祉車両専門店である理由

 福祉車両ヤマシタオートは2016年からスタートしました。

元々は1966年に設立された自動車整備工場でしたが、代表の山下が高齢化する地域社会に貢献して、さらには障がい者の生活を車からサポートするために福祉車両専門店と業態変化させました。

 今では県内外から福祉車両の購入や福祉車両への改造のご相談をいただけるまでになりました。ここにたどり着くまでには多くの葛藤や現場スタッフの離職など大きな困難に立ち向かい、そして多くの支えの中で成長させることができました。

詳しくはトップページ下部の「私が福祉車両専門店を始めた理由」を是非ご覧ください。

 

 

福祉車両ヤマシタオートでは、福祉車両への要望、願いを念入りにお伺いして、お一人お一人に寄り添ったご相談、ご提案をさせていただきます。

これからお車を購入される方、すでにお乗りの方、改造をお考えの方、是非ご相談下さい!

質問・相談はこちらからメールで!

 

相談したい方は今すぐお電話を!

TEL:0548‐29‐0230

メールでのお問合せは

こちらのフォームからお願いします。

山下佳敦Facebookでも、
福祉車両改造事例や加工、施工の情景、福祉改造

への想いを公開しています。

ご興味ある方はFacebookでも、お友達申請お待ちしています。

-店長ブログ

Copyright© 福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.