福祉車両の購入・介護車両への改造、お任せください。|回転シート|手動運転装置|車いす収納|補助ステップ|車いすスロープ|車いすリフト

福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数

どんな人でも使える福祉車両には脱着シートが備わっている!?

更新日:

どんな人でも使える福祉車両には脱着シートが備わっている!?

 

高齢化が進むにつれて、介護福祉の需要は高まりを見せています。しかし、介護福祉の現場では重労働を課されることも多いです。その中でも、要介護者を車に乗せる際、要介護者が車いすに乗っている場合はいろいろと手間がかかります。そういった現場で用いられているのが福祉車両です。福祉車両は、身体に障害がある方でも快適に乗り降りができるように設計されています。そこで今回は、福祉車両について詳しく見ていきましょう。

 

福祉車両って何?

福祉車両とは、字のとおり介護福祉現場で身体に障害のある人でも快適に車に乗ることができるように設計されている車です。たいていの場合は、車いすの人などが乗り降りしやすいように設計されている車のことを指しますが、場合によっては、四肢などに障害がある人でも運転できるように運転補助器具を付けた車のことを含めて言う場合があります。ここでは、前者の車いすの人の乗り降りを楽にするような車についてご紹介します。

 

#福祉車両にもタイプがある

福祉車両 高知市、南国市、レンタル、販売 | (株)山田屋Y,s 高知県南国市、車のへこみ、傷修理、板金塗装、車検

福祉車両の中にもさまざまなタイプがあり、装備が軽い順に「回転シート式」、「回転スライドシート式」、「リフトアップシート式」、「脱着シート式」というようになります。回転シート式とは、ただシートが回転する機能を備えた車のことを指すのに対し、回転スライドシート式とは、シートが回転したのちに、スライドして車外にせり出すような機能を備えているものを言います。リフトアップシート式では、回転スライドシート式の機能に加え、車外にシートが移動した後、電動リフトによってリフトを下げることができ、さらに乗り降りがしやすいように工夫されています。もっとも重装備な福祉車両である着脱シート式は、リフトアップシートそのものが車いすとなっています。

 

福祉車両のタイプによって特徴は異なる

福祉車両とはどういった車両であり、どのような種類があるのかを述べてきましたが、福祉車両の種類によってどういった得意・不得意があるのでしょうか。もちろん、一般的な傾向として、装備が軽くなればなるほど価格は少し安くなる傾向にあります。特に電動リフトを導入することで多少の費用が掛かってしまうので、回転スライドシート式とリフトアップシート式では多少価格に差がみられます。

 

しかし、価格以上に重要なのはやはり、想定されているユーザー層に差があるということです。つまり、装備が軽ければ軽いほど、より「自立して移動できる」ような人を対象としており、装備が重くなればなるほど、「車いすなしでは移動できない」ような人を対象としているということです。特に、「車いすなしでは基本的に自立できない」という人に関しては着脱シートを備えていなければ自力で車に乗り降りすることはできないでしょう。なぜならば、回転シート式からリフトアップシート式までの装備では、どうしても要介護者が自立して、(車に沿って)歩かなければならない瞬間があるためです。そのような意味では、どのような方も乗ることができるのは着脱シート式ということになります。

 

ただし、装備が軽いことによるメリットもあります。それは、「普通のクルマ」として使いやすいということです。体に不自由を抱えていない場合、乗り降りするための装備は必要ありません。そのため、普段使いしやすいということになります。また、回転スライドシート式以下の装備であれば、電動リフトが備わっていませんので、車両重量にも多少の差が出てきます。

 

福祉車両の非課税条件とは?

オーストラリアの旅行者払戻し制度って?? | ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学ならスタディ・ステイ・オーストラリア(SSA)

実は、福祉車両は条件を満たせば非課税となります。今まで述べてきた福祉車両の種類というのは、あくまでも備えてある機能の話であり、本質的な分類ではありません。では、一体どのような福祉車両が非課税となるのでしょうか。

 

法律で明確に福祉車両の分類がなされているわけではありません。しかし、課税に当たっては「車いす及び電動車いすを使用する者を車いす等とともに搬送できるよう、車いす等昇降装置を装備し、かつ、車いす等の固定に必要な手段を施した自動車」を除くということになっています。つまり、先ほど話した福祉車両の分類では、着脱シート式の福祉車両については自動的に非課税になることになります。

 

リフトアップシートは車いす固定装置を搭載するだけで非課税になりますが、回転シート式および回転スライドシート式については、車いす固定装置に加え、リフトなどの車いす昇降装置を備えて初めて非課税となります。このように、装備が比較的軽い福祉車両については、追加でいくつかの機能を搭載しなければ非課税とはならないことに注意しなくてはなりません。

 

あらゆる要介護者に対応できるのは着脱シート式

トヨタ ポルテ | ウェルキャブ(福祉車両) | サイドアクセス車(専用車いす仕様) | トヨタ自動車WEBサイト

リフトアップシート式とは、シートが回転した後、電動リフトによって車外にせり出し、自動で下降する機能が備わっている福祉車両のことですが、そのシートが車いすになっているものを着脱シート式といいます。着脱シートを用いると、車の乗り降りの際に、自立しなくてもいいので、自立ができないという方でも乗ることができます。さらに、着脱シート式は、車いすリフト機能と車いす固定機能があり、自動的に非課税対象となります。

軽スロープ車使いやすいのはコレ!福祉車両軽スロープ車比較 タント・スペーシア・Nボックス

 

【福祉車両の購入者必見】福祉車両と消費税(非課税)・助成金(補助金)・貸付制度

 

【保存版】福祉車両の選び方<介護車両編>

 

操作性バツグン!ダイハツタントスローパー福祉車両LA600Sの使い方!

 

福祉車両 新型N BOX スローパー ご紹介!

-店長ブログ

Copyright© 福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.