牧之原・近隣市町限定!!福祉車両完全フルメンテナンスリース

牧之原・近隣市町限定!!福祉車両「完全」フルメンテナンスリースのご案内

当店のある牧之原と近隣市町(吉田、島田、藤枝、焼津(旧大井川))限定!福祉車両の完全フルメンテナンスリースをご案内します。

トヨタ ハイエース車いす移動車

月額 49,800円~

ダイハツ タント スローパー

月額 26,900円~

車検や点検、消耗品や故障修理にも対応する「フルメンテナンスリース」ですが、残念ながら車いすリフトや車いす固定装置など福祉車両架装装置の故障には対応していません。フルメンテナンスリースと言っておきながら、福祉車両架装装置の修理は実費で支払っていただくのが一般的です。

 

そこで福祉車両専門店の当店がおすすめする福祉車両カーリースのカタチは、福祉車両架装装置の点検や故障修理もすべて含めたコミコミリースとなっています。

 

福祉車両「完全」フルメンテナンスリースのメリット

  • 頭金など初期費用が掛からない
  • 福祉車両に関する支払が平準化する
  • 車両の急な故障にも対応してくれる
  • 福祉車両装置の修理も無料

 

福祉車両をカーリースする大きなメリットに、頭金などの初期費用がかからないことがあげられます。月々定額料金に初期費用はふくまれており、月額料金も手頃な価格です。
また、万が一の事故や故障のとき、福祉車両の修理工場や代車は自分では見つけるのが大変ですが、カーリース会社に連絡すれば修理と代車が手配してもらえるリース会社が多いのも魅力です。
福祉車両の購入時には消費税10%が非課税とされますが、カーリースのリース料でも非課税になります。

法人ならではのメリットも!

病院や介護施設などの法人ユーザーが福祉車両をカーリースするとき、法人ならではのメリットもあります。病院や介護施設を利用される方の人数はタイミングにより変動します。カーリースなら利用者が増えたときには、大きな頭金を用意することなく複数台の福祉車両を一度に揃えられます。
また、会計処理上の手間が大きく減るのもメリットといえます。法人が車両を所有する場合、固定資産管理台帳(保有している車や土地、機械設備を記載する帳簿)に取得年月日、取得価格、耐用年数を正しく記載し、決まった年数で減価償却をしなくてはなりません。また、自動車税の納税や、車検時の自賠責保険と重量税の支払い手続きなども必要です。カーリースなら、これらすべてが毎月のリース代に組み込まれています。毎月の経費として処理するだけでOKです。

 

更新日:

Copyright© 福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.