福祉車両の購入・介護車両への改造、お任せください。|回転シート|手動運転装置|車いす収納|補助ステップ|車いすスロープ|車いすリフト

福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数

福祉車両を手に入れるならカーリース!メリット?デメリット?

更新日:

福祉車両を手に入れるならカーリースが便利!どんなメリットやデメリットがある?

 

福祉車両は一般的な車両に比べると高いというイメージがあるかもしれません。確かに車両価格が高いものも多いですが、カーリースを利用すれば少ない負担で福祉車両を手に入れることができます。カーリースを利用してみたいけれど、実際どのようなメリットやデメリットがあるのか気になるという方もいるでしょう。今回はカーリースのメリットやデメリット、福祉車両の種類などについて解説していきます。

 

福祉車両をカーリースするメリット・デメリットは?

メリットの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

福祉車両を購入する場合、頭金などの初期費用がかかります。しかし、カーリースであれば初期費用はかからないため、気軽に福祉車両を手に入れることができます。カーリースは月額料金を支払い福祉車両をレンタルすることになりますが、月額料金の中に初期費用が含まれているためです。初期費用を気にすることなく、福祉車両が手に入るのはカーリースの大きなメリットでしょう。また、万が一事故を起こしたり、故障したりした時の対処が楽になるというのもカーリースのメリットです。自分の車なら修理の手配などを自分でする必要がありますが、カーリースなら全てリース会社がやってくれます。代車が欲しい時も、リース会社が手配してくれるので手間がかかりません。

 

法人でカーリースを利用するメリットもあります。福祉車両を利用する病院や介護施設も多いですが、利用者の数によって車両を減らしたり増やしたりする必要があります。そのたびに福祉車両を購入したり売ったりするのは、手間も費用もかかってしまいます。しかし、カーリースなら手軽に車両を増やしたり減らしたりすることが可能です。また、法人で車を所有すると、固定資産管理台帳に取得価格や耐用年数などを記載し、減価償却しなければなりません。他にも自賠責保険や重量税、自動車税などを納める手続きも必要です。カーリースなら、税金や手続きの費用が全てリース代に含まれているので、支払いや管理が楽になります。

 

メリットの多いカーリースですが、少なからずデメリットもあります。デメリットの1つとして挙げられるのが、契約期間中は解約できないということでしょう。一度契約すると、基本的には期間が切れるまで契約し続けることになります。中途解約が可能だったとしても、違約金を支払うことになるため注意してください。どんなに長く乗り続けていても、自分の車にはならないというのもデメリットです。リース会社によりますが、基本的には契約期間が満了したら乗っていた車は返却しなければなりません。中には契約満了後に車をそのまま購入できるプランもあるため、購入まで考えている方はそういったプランが用意されているリース会社を選ぶとよいでしょう。

 

リースの福祉車両にはどのような種類がある?

リースの福祉車両には様々な種類がありますが、大きく分けると車椅子に乗ったまま乗降できるタイプと、車椅子から降りて乗降するタイプの2つに分かれます。車椅子に乗ったまま乗降できる福祉車両はバックドアタイプと呼ばれ、車両のバックドアにスローパーやリフトアップが付けられています。スローパーは車両のバックドアに付けられたスロープから、車椅子に乗ったまま乗降できるタイプです。

 

比較的安価なものが多く、軽自動車など小さな車両のラインナップが多いというメリットがあります。リフトアップは機械が自動で車椅子を上げ下げしてくれるため、介護される側も介護する側もそれほど負担がかかりません。しかし、ワンボックスタイプなど大きな車のラインナップが多く、値段も高めになります。

 

車椅子から降りて乗降するのはシートタイプの福祉車両です。車の助手席、もしくは後部座席のシートが車の外にせり出し、そこから乗り降りします。シートタイプにも、電動リフトアップシートや手動回転シートなど様々な種類があります。電動リフトアップシートは電動で車のシートがせり出すため、楽に乗り降りできます。中にはシートが着脱式になっており、そのまま車椅子になるようなタイプも存在します。手動回転シートは人が手動でシートを出し入れするタイプです。シートタイプはラインナップが豊富で価格も安いというメリットがありますが、車椅子からシートへ乗り移る手間や、車椅子を別に持ち運ばなければならないなどのデメリットもあります。

 

カーリースを上手く活用して便利な福祉車両を手に入れよう!

カーリースの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

福祉車両を手に入れたいけれど、価格などの問題で気軽に購入できないという方もいるでしょう。そういう方に人気になっているのがカーリースです。頭金などの初期費用がかからず、月額費用だけで福祉車両を手に入れることができます。カーリースで利用できる福祉車両は様々なタイプがあるため、それぞれのメリットやデメリットを把握して自分に合った車両を手に入れてみてください。

 

軽スロープ車使いやすいのはコレ!福祉車両軽スロープ車比較 タント・スペーシア・Nボックス

 

【福祉車両の購入者必見】福祉車両と消費税(非課税)・助成金(補助金)・貸付制度

 

【保存版】福祉車両の選び方<介護車両編>

 

操作性バツグン!ダイハツタントスローパー福祉車両LA600Sの使い方!

 

福祉車両 新型N BOX スローパー ご紹介!

-店長ブログ

Copyright© 福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.