福祉車両の購入・介護車両への改造、お任せください。|回転シート|手動運転装置|車いす収納|補助ステップ|車いすスロープ|車いすリフト

福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数

福祉車両はどのメーカーがいいのか

更新日:

福祉車両はどのメーカーがいいのか

 

介護に必須な福祉車両も、バスや専用車両だけではなく、通常の車でも福祉仕様にすることができるようになったり、オプションでリフトなどを後付けできるようになったりしています。車いすや介護が必要な人が乗るには、福祉車両である方が安心して乗せることができますが、どのようなメーカーの車両が使いやすいのでしょうか。代表的なメーカーと車種を紹介します。

 

福祉車両とは

福祉車両には多くの種類があり、車椅子ごと乗り込むのか、車椅子からシートへ移ることができるのかなど、主に介助される人の身体能力に合わせた車両を用意する必要があります。車椅子ごと車両に乗り込むタイプであれば、スロープやリフトを使うので、車両自体にその分の余裕が必要になりますし、車椅子を乗せるだけのスペースも必要となります。車椅子ユーザーの他に何人乗せるのかも車両の決定には重要な情報です。数人でよければ軽自動車でも可能ですが、人数が増えればミニバンタイプの車両になります。また、実際車椅子を乗せてみるとイメージと異なる場合もありますので、その辺りの確認はしておいたほうがよいでしょう。

 

車椅子からシートに乗り込むことができるのであれば、車両のシートを乗り降りしやすいようにすることができます。具体的には、シートが回転して上下することや、車外までシートがスライドするようにすることができるので、既存のシートで乗り降りするよりは、スムーズに乗り降りすることができます。このタイプであれば、車両のシートを改造するだけでよいので、スロープやリフトなどは必要ありませんし、装置のスペースもさほど場所を取りません。シートの装備も大掛かりなものから単純なものまでいくつかありますので、介助する人の使い勝手がよいものを選ぶとよいでしょう。

 

福祉車両を扱っている代表的なメーカーと車種

国産自動車メーカー9社のブランドイメージは?(1) トヨタ・日産編 | 【クルマの総合案内所】水原車輌販売公式HP

ダイハツには、「フレンドシップシリーズ」という福祉車両のシリーズが設定されています。中でも、タントにはスロープが使えるように設計されており、車椅子の乗り入れも楽に行えますし、シートにも昇降機能や回転機能が付いているので、助手席への乗り降りもスムーズに行うことができます。ドアも大きく開くことができるので、余裕を持って乗り降りすることができるでしょう。また、車椅子用のベルトも付いているので、安心して車椅子を乗せることができますし、車椅子を収納する際も、クレーンが付いていますので、楽にトランクを持ちあげることができます。シートに乗ることはできるけれど、車椅子も必要という人にも使い勝手の良い車両になっています。

 

人気のムーヴにも福祉車両の設定がされています。シートが昇降するタイプの車両になっており、リモコン操作でシートを動かすことができ、車外までシートを出すことができます。車外にシートをスライドしても、コンパクトになっているため、介助のためのスペースが取りやすく、介助をする側の人のことまで考えた設計になっています。

 

トヨタからも福祉車両は販売されています。特にシエンタには「ウェルキャブシリーズ」が設定されており、スロープ付きの、車椅子が乗れる仕様になっている車両や、助手席が回転する車両が選択できます。車椅子仕様になっている車両では、車高降下機能が付いており、スロープをなだらかな角度にすることができます。車椅子に乗ったまま乗り降りが可能であり、介助の人も車椅子のすぐ隣に乗車できるようになっています。他のタイプでは1.5列目まで車椅子を乗り入れることができるので、さらに安心して乗せることができます。また、こちらのタイプでは、ストレッチャーを乗せることも可能です。助手席回転シートは、車椅子仕様であれば標準仕様になっているため、助手席に乗るときも楽に乗ることができます。

 

ホンダのN-BOX+には車椅子仕様の車両があります。車椅子のまま乗り込めるようにアルミのスロープが設置されているほか、電動ウインチも付いているため、介助者が楽に介助できるようになっています。そのほかにも、車椅子が乗らないときは普通の4人乗りの車として使用することもできます。

 

日産からも福祉車両が販売されており、ミニバンタイプのセレナが該当します。乗り降りをステップでサポートしてくれるタイプから、スライドアップシートまで、介助する側、される側がそれぞれ必要な装備を選択することができます。また、ミニバンタイプの車両であるため、多くの人数が乗ることができるのも、この車両の特徴です。

 

福祉車両の多様性

トヨタ ウェルキャブ(福祉車両) | トヨタ自動車WEBサイト

多くのメーカーが福祉車両を取り扱っており、たくさんの選択肢の中から選ぶことができるようになりました。それぞれのメーカーによって、シートの突出量や、スロープの長さなどが異なりますから、車両を普段置いておく場所も考慮に入れる必要があります。普通の車両を購入する感覚で購入するのではなく、試乗や、体験をすることができるのであれば、実際に試してみるのもよいでしょう。

 

 

 

軽スロープ車使いやすいのはコレ!福祉車両軽スロープ車比較 タント・スペーシア・Nボックス

 

【福祉車両の購入者必見】福祉車両と消費税(非課税)・助成金(補助金)・貸付制度

 

【保存版】福祉車両の選び方<介護車両編>

 

操作性バツグン!ダイハツタントスローパー福祉車両LA600Sの使い方!

 

福祉車両 新型N BOX スローパー ご紹介!

-店長ブログ

Copyright© 福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.