福祉車両の購入・介護車両への改造、お任せください。|回転シート|手動運転装置|車いす収納|補助ステップ|車いすスロープ|車いすリフト

福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数

福祉車両の使い勝手の良し悪しと選び方について

更新日:

福祉車両の使い勝手の良し悪しと選び方について

 

要介護者の送迎を安全かつスムーズに行うなら福祉車両の導入は不可欠と言えるでしょう。送迎を行う方の手間はもちろん、送迎される要介護者が快適に乗り降りできることを重視するなら福祉車両が最適な車両なのは間違いありません。しかし、同じ福祉車両でも大きさやデザインで使い勝手の良し悪しが異なります。長く愛用するためにも、福祉車両を選ぶ際のポイントについて学びましょう。

 

車椅子を使う要介護者のために改造された車両

福祉車両は福祉改造車両とも呼ばれ、大別すると車椅子のままで乗り降りができる介護車と、障害者が自分で運転できるように改造した自操車があります。一般的には介護車を指して福祉車両と呼ぶことが多く、要介護者の送迎に用いられる車両のイメージが定着していると言えるでしょう。普通の車両の場合、車椅子を使う要介護者の送迎は非常に手間がかかります。車椅子から降ろして体を支え、車両に乗せなければいけません。車両のシートは低い位置にあるので、要介護者の体を支えて乗り降りを介助するのは大きな負担になります。また、車椅子を収納するスペースも必要になるのでどうしてもサイズが大きな車両が必要になってしまうのです。

 

この点、福祉車両なら要介護者を車椅子に乗せた状態で乗り降りが可能です。福祉車両の後部が車椅子のまま乗り降りできるスペースとして改造されているので、要介護者をわざわざ車椅子から降ろす必要がありません。車椅子用のリフトが取り付けられているので、介護する方もされる方も体に負担をかけずに乗り降りができるようになっています。安価な福祉車両はリフトではなくスロープが設置できる作りになっているので、車椅子を押して車両内に移動させる必要があります。しかし、要介護者を車椅子から降ろさずに車両へ乗せることができるので、使い勝手が良いと言えるでしょう。

 

福祉車両の利点と欠点

福祉車両の最大の利点は車椅子に乗ったままの状態で車両の乗り降りができることです。車椅子から降ろして車両に乗せたり、車両から降ろして車椅子に乗せる介助作業はする方もされる方も大きな負担になります。事故に遭うおそれもあるので良い方法とは言えません。車椅子に乗せたまま車両の乗り降りができる福祉車両は介助作業の手間を大幅に簡略化できます。介護をする方もされる方も心身の負担が軽減されるので、安全かつ快適な送迎を行うなら福祉車両は最善の選択と言っても過言ではありません。福祉車両はその用途からマイクロバスやワゴン車など大きなサイズの車両を使うイメージがありますが、個人向けに軽ワゴンなど小型車両を改造した物もあります。

 

車椅子のままで乗り降りができる福祉車両は要介護者の送迎にぴったりなのは間違いありませんが、その一方で送迎以外の用途にはやや不向きという欠点もあります。介護施設など事業所が持つなら問題ありませんが、親族を送迎する目的で個人が持つ場合、車内スペースの多くを車椅子用に使う形になるので乗員数が減ってしまう事態は避けられません。また、福祉車両も他の車両と同様に車検を受ける必要がありますが、代車が必ず利用できるとは限りません。車検を受ける際は福祉車両の代車の有無を確認することが重要になります。

 

福祉車両を選ぶ際のポイントや注意点

福祉車両はベースとなる車両よりも数割ほどの金額で販売されることが多く、高額な買い物と言えます。少しでも出費を抑えるには中古車を購入する選択肢もありますが、車両の安全性には十分に注意しなければいけません。送迎の対象となる要介護者の乗り心地を第一に考えることが車両選びの必須条件なので、リフトやドアの操作を必ず確認します。一般的な車両と同様に、走行距離や事故歴の確認も忘れてはいけません。また、福祉車両を購入する際は送迎に特化するのか、送迎以外の目的で使うのかを考えることも重要です。ファミリーカーとしての用途がある世帯の場合は特に大きな問題なので、長く使い続けることを考慮して選ぶことを心がけます。

 

希望する条件に合致する福祉車両が見つからない場合、手持ちの車両を福祉車両に改造する方法もあります。運転に慣れている車両なら使い勝手の良い仕上がりを期待できますが、車両をもう一台購入できるほどの出費になることも珍しくありません。

 

目的を明確に決めて選ぶことが長く愛用する条件

車椅子のままで乗り降りができる福祉車両は要介護者にとっても、介助する方にとっても使い勝手が良い車両と言えるでしょう。特に個人で持つ場合、親族の介助作業の手間を大幅に簡略化できる点は魅力的です。その一方で福祉車両は要介護者の送迎以外の用途にはやや不向きな他、購入費が高額になりやすいのも事実です。福祉車両の購入目的を明確にすると共に、予算や車両のデザインを決めておくのが良い結果を得る条件と言えます。

 

軽スロープ車使いやすいのはコレ!福祉車両軽スロープ車比較 タント・スペーシア・Nボックス

 

【福祉車両の購入者必見】福祉車両と消費税(非課税)・助成金(補助金)・貸付制度

 

【保存版】福祉車両の選び方<介護車両編>

 

操作性バツグン!ダイハツタントスローパー福祉車両LA600Sの使い方!

 

福祉車両 新型N BOX スローパー ご紹介!

-店長ブログ

Copyright© 福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.