【全国にお届け】福祉車両・介護車両の中古車販売・改造|車いすスロープ|車いすリフト|回転シート|リフトアップシート|後付け電動ステップ|手動運転装置

福祉車両・介護車両の中古車販売・改造のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|全国からお客様の声多数

العربية简体中文English日本語PortuguêsРусскийEspañol

これも非課税!?福祉車両を購入するときに非課税になるパーツ

更新日:

「福祉車両を購入するとき、消費税は非課税になる」

ご存知の方も多いかと思いますが、

では新車を購入するときに、福祉車両の何が非課税で、課税になる項目が何なのか知ってますか?

 

福祉車両を買うときには少しでも安くお得に買いたいもの。

ココを詳しく知ることで、より良い条件で福祉車両を購入できます!

 

これも非課税!?福祉車両を購入するときに非課税になるパーツを一挙ご紹介

2020年》おすすめの人気カーナビ7選! 最新トレンドと選び方を解説 ...

ほんの一例ですが、非課税にできるパーツをご紹介します

カーオーディオ
カーラジオ
カークーラー、エアコン
空気清浄器
字光式ナンバープレート
フォグランプ
アルミホイール
リアスポイラー
ハイマウントストップランプ
エアフォルムバンパー(別称「フロントスポイラー付バンパー」)
フロントガード(別称「フロントグリルガード」または「フロントロアスカート」)
フードオーナーメント(別称「シャイニングエンブレム」)
カーナビゲーション  

以上が国税庁が例示で示しているオプションパーツになります。

要点としては、福祉車両を購入してお店から引き渡される(納車)ときに、その福祉車両に取り付けられて一体としてみなせる状態であれば非課税ということです。

 

国税庁ホームぺージ Q&A

非課税となる身体障害者用の自動車に係る付属品については、当該自動車の引渡しの時に当該自動車に取り付けられ、当該自動車と一体として取引されるもので、使用に当たって常時当該自動車と一体性があると認められるものは、当該付属品を含めた全体が身体障害者用の自動車に該当して非課税となります。

 

福祉車両にスタッドレスタイヤをご用命の際はご注意ください!

スタッドレスタイヤ、時代は「買う」から「借りる」へ!?(MOTA ...

スタッドレスタイヤも非課税にできるパーツですが、引き渡しの時に必ず福祉車両に取り付けた状態で納車を受けてください。

例えば納車時に、「スタッドレスタイヤを車内に入れている」「購入したけど当分不要だから車屋さんで預かってもらう」

では、非課税にはなりません。非課税のルールでは、福祉車両の引き渡し時に一体性があることが必要ですのでご注意ください。

 

これは意外!?メンテナンスパックは非課税になります!

おススメ点検整備!無料カーチェック | 一般社団法人 香川県自動車整備 ...

最近の新車販売でよくセットされているメンテナンスパック。

福祉車両を購入する際にメンテナンスパックをつける方も多くなってきましたが、福祉車両ユーザーさんにとって、メンテナンスパックに含まれる点検代やエンジンオイル代も非課税になるなんてとってもオトク。

ぜひこれから福祉車両の購入を検討される方に覚えておいていただきたい項目です。

 

福祉車両を購入時にかかるのは、車体本体価格と他には??

次期寝太郎号、無事契約完了ヽ(○´ε`○)ノ : 寝太郎の趣味部屋

福祉車両を購入するときには、車体本体価格以外にも様々な費用が掛かります。

一般的な福祉車両を購入時に注文書に記載されている費用をご紹介します。

車体本体価格 クルマ代

メーカーオプション メーカー工場内で取り付けるオプションパーツ

ディーラーオプション ディーラー工場内で取り付けるオプションパーツ

自賠責保険 強制保険で、車検を取得するために必須の保険

自動車重量税 車検時に課税される税金で、減免や割引等はなし

自動車税(環境性能割と種別割) 車の使用車所有者が支払う税で、障がい者手帳を持っている場合減免になる

登録代行手数料 車屋さんが車を陸運支局で登録する際の手数料

車庫証明代行費用 車屋さんが車車庫証明を申請する際の手数料

納車費用 お客様宅まで納車する際の手数料

ETCセットアップ費用 ETCをセットアップ(ナンバー等情報を入れて登録)する際の手数料

登録印紙代 登録の際に陸運支局に支払う手数料

ナンバー代 

車庫証明印紙代 警察署に支払う手数料

リサイクル料 廃車時にかかる費用をはじめに負担する制度

 

福祉車両購入時でも課税になる項目は?

もし消費税を廃止したら?経済学の教授が予想する「阿鼻叫喚」 | 富裕 ...

実は福祉車両を購入した時でも、課税になる項目があります。

端的に言うと、車屋さんがお客様から頂戴する手数料項目が課税になっています。

登録代行手数料

納車費用

ETCセットアップ料

などがあります。

「福祉車両は消費税非課税って聞いてるのに何でだ!」

なんて怒らないようにしてくださいね!!

 

最後に。

この辺りのお話、ディーラーや中古車販売店の営業マンはほとんど理解していないのではないでしょうか。福祉車両を必要な人が福祉車両を購入するときに付けたオプションが非課税となるのは、日本の法律に基づいた立派な権利です。

福祉車両ヤマシタオートでは、福祉車両が必要なお客様の権利を守るため、法律に基づき正確に課税部分と非課税部分を切り分けています。

福祉車両の購入を当店にお任せいただければ、安心して福祉車両を購入していただけると自負しています。ぜひ当店の福祉車両もご覧になってください。

 

 

福祉車両ヤマシタオートとは

福祉車両ヤマシタオートは2016年からスタートしました。

元々は1966年に設立された自動車整備工場でしたが、代表の山下が高齢化する地域社会に貢献して、さらには障がい者の生活を車からサポートするために福祉車両専門店と業態変化させました。

今では県内外から福祉車両の購入や福祉車両への改造のご相談をいただけるまでになりました。ここにたどり着くまでには多くの葛藤や現場スタッフの離職など大きな困難に立ち向かい、そして多くの支えの中で成長させることができました。

詳しくは「私が福祉車両専門店を始めた理由」を是非ご覧ください。

 

福祉車両ヤマシタオートでは、福祉車両への要望、願いを念入りにお伺いして、お一人お一人に寄り添ったご相談、ご提案をさせていただきます。

山下佳敦Facebookでも、
当店の日常や福祉車両のこと、施工の情景、福祉改造への想いを公開しています。

ご興味ある方はFacebookでも、お友達申請お待ちしています。

福祉車両を探す

福祉車両へ改造する

-福祉車両中古車, 福祉車両お役立ち情報

Copyright© 福祉車両・介護車両の中古車販売・改造のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|全国からお客様の声多数 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.