【買取】福祉車両・介護車両|福祉車両専門店の買取り査定

お客様の福祉車両を再活用
お譲りいただいた福祉車両を100%再活用しています。
お客様にお譲りいただいた福祉車両が環境と社会を幸せに。
無料査定の申し込みはこちら
今すぐ申し込む

福祉車両・介護車両が買取り/下取りで安い理由

・中古車査定士が福祉車両の価値や相場を理解していないため、安めに提示する

・一般のクルマと比べて極端に流通量が少ないので、高値を出すのに躊躇する

・一般の販売店やディーラーでは自社で再販しないため、そもそも買い取りたくない

 

一般の買取店/ディーラーは福祉車両が苦手

福祉車両はオートオークション相場が不安定なため、買取店は敬遠します

車を手放すときにまず頭に浮かぶのが、CMでおなじみの大手車買取店。

%e8%b2%b7%e5%8f%96%e5%ba%97

車買取店は買い取った車のほとんどをオートオークションに流通させます。ただし、福祉車両はオートオークション相場が不安定で、高い時と低い時の価格差が非常に大きくなっています。

 

一般のクルマの場合は多様な販売ルートにより、効率よく販売できることが高価買取の理由になっているのですが、相場が乱れる福祉車両はこの原理がうまく使えません。

 

新車ディーラーも同様に、福祉車両を敬遠します

本来、新車販売の下取を前提としているディーラー査定は、新車の利益分があるため買取店よりも高くて当然のはず。ところがディーラーでは新車部門と中古車部門に分かれており、下取り時のマージンが中古車部門の利益となるため、中古車部門の利益を確保するために下取りが低い価格になってしまうこともあります。

 

福祉車両の買取は、福祉車両専門店に任せて安心

福祉車両専門店では、基本的に買い取らせていただいた福祉車両や介護車両を自社で直接販売します。

 

福祉車両専門店の買取りから再販売においては、他のクルマ業者がかかわらないのが一般的です。

つまり、通常の買取から再販の流れは複数のクルマ業者がマージンを取っているのに対して、福祉車両専門店では自社の手数料分だけ頂いているので、高く買い取りやすく販売することができるのです。

徹底的に中間マージンをカットしています

愛を持って仕入れた車は、最後まで責任を持って次のオーナーまで手渡ししています。

 

お客様の福祉車両を再活用
お譲りいただいた福祉車両を100%再活用しています。
お客様にお譲りいただいた福祉車両が環境と社会を幸せに。
無料査定の申し込みはこちら
今すぐ申し込む

 

専門店だからこそプラス査定

実は当店も福祉車両のみを専門に扱う福祉車両専門店です。

私どもは福祉車両専門店として一番大切にしたいことが、ご家族への愛情をできる限り査定に反映することです。

・寒い日でもいつもピカピカなボディ

・毎年欠かさない定期点検

・エンジンオイルは3000km!

などなど、大切にしてきた愛情は思う存分お伝えください!

その気持ちが伝わるほど査定評価は上がります!

 

圧倒的な買取額を提示する「愛情買い」

そして、福祉車両ヤマシタオートとして最大限の評価を価格に反映させたのが

通称「愛情買い」です。

これが出れば、ほかと比べるのもバカらしくなるくらいの価格が飛び出します。福祉車両ヤマシタオートが認めた最高評価の証。

・オーナーの想いが伝わる車

・オーナーの家族への想いを感じる車

・福祉車両ヤマシタオートが一目惚れした車

これらの条件が当てはまったあきれるほどの条件が飛び出します。

 

他店との差は過去最大で120万円!

福祉車両ヤマシタオートの中間マージンカットの努力と

福祉車両ヤマシタオートへの愛と

今まで大切に乗ってきたオーナーの想いとの

相乗効果で実現します。

 

買取の不思議

やっぱり高いのは車買取店?!

車を手放そうと思った時、思いつくのはCMでお馴染みの大手車買取店ではないでしょうか。

%e8%b2%b7%e5%8f%96%e5%ba%97

今や車買取店は数多く存在します。

 

車買取店が買取った車のほとんどはオートオークションへと流通します。

 

多様な販売ルートにより、効率よく販売できることが高価買取の理由になっている

買取店も多いですが直接販売以外はどんなルートであろうと中間マージンは発生してしまいます。

 

次のユーザーに直接販売することが中間マージンを最小限に抑える方法だと福祉車両ヤマシタオートは考えます!

 

当店の直接販売のこだわりに勝てる方法はありません!悪質な取引を平気でする買取店もあると

聞いたことがあります。買取りが成立し、車を引取った後に傷だ修復跡だと言い

買取額の引き下げを言ってくるそうです。いきなり出す高額査定にはご注意ください。

 

本当は高いはずのディーラー査定

本来、新車販売の下取を前提としているディーラー査定は買取店よりも高くて当然のはずです。

なぜなら、新車の利益分があるため、買取店よりもマージン幅を

縮小することが出来るからです。なのになぜ買取店に負けるディーラーが多いのでしょう。

 

大手ディーラーを例に挙げると、会社内では新車部門と中古車部門に分かれていて、新車部門の下取りを別店舗で営業している中古車部門が買取る(仕入れる)仕組みが多いです。

したがって、新車商談中の営業が下取車を査定し、査定額を決める際に

中古車部門にいくらで買取れるか相談します。

 

ここが問題で、中古車部門も販売利益を上げるためにできるだけ安く仕入れたいという気持ちがあります。わざわざオークション仕入れより高い相場では仕入れたくありません。

 

新車部門は査定の時点で、中古車部門の出した価格かそれ以下を下取額として提示します。同系列の販売店であるにもかかわらず、中間マージンが発生してしまいます。

このような仕組みでは、高い下取り額を実現することは難しいと言えます。

 

愛しているからこそ高額査定

福祉車両ヤマシタオートが福祉車両をなぜ高く買い取れるのか・・・

その答えを一言で表すと

障がい者や高齢者のお役に立ちたいという"使命感"に他なりません。

 

ここに宣言します。

福祉車両ヤマシタオートは

障がい者・高齢者やそのご家族にお役に立ち続けます!!!

 

だからこそ、

どこよりも福祉車両への評価額(買取額)も負けたくないのです。

福祉車両ヤマシタオート店長執筆の福祉車両への想いを読んで頂ければきっと気持ちも伝わるはずです。

 

福祉車両を高価買取できる理由

高価買取の理由1

全国に出張買取!
※一部対応できない地域もあります。

高価買取の理由2

プロの仕上げ作業で
付加価値をアップ

高価買取の理由3

全国に販売!
中間マージン無しで
査定額アップ


実際の買取額実績

福祉車両ヤマシタオートでの
査定が増えています!

車椅子スロープ
R2年(1年落ち)
アトレーワゴンスローパー
走行距離
0.9万㎞
年式
2020年
基準査定額
100万円のところ
133.0万円
33万円アップ↑
回転シート
H30年(3年落ち)
タント助手席リフトアップシート
走行距離
2.2万㎞
年式
2018年
基準査定額
65万円のところ
77.0万円
12万円アップ↑
車椅子スロープ
H27年(6年落ち)
ヴォクシー3列目車いす1台タイプ
走行距離
3.6万㎞
年式
2015年
基準査定額
120万円のところ
140.0万円
20万円アップ↑

出張査定の案内

初めての方でも安心!まずは無料査定へ





    <ご希望の車両の車検証をご用意の上ご記入ください>








     

     

    -福祉車両買取, 福祉車両お役立ち情報

    © 2022 福祉車両・介護車両の中古車販売・改造のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|全国からお客様の声多数 Powered by AFFINGER5