あなたとあなたの大切な人に合う福祉車両に改造します。|回転シート|手動運転装置|車いす収納|補助ステップ|スロープ|昇降リフト|

静岡の福祉車両改造は福祉車両ヤマシタオート

福祉車両助成|福祉車両への改造や購入の補助金、消費税について 最新版

更新日:

知れば知るほどトクをする!? 

福祉車両への改造や購入の補助金、

福祉車両改造の助成金、

消費税等について

 

福祉車両に改造するとき、

福祉車両を購入するときに使える

補助金や助成金。

非課税になったり減免されたりする

消費税、自動車税、自動車取得税等の税金。

福祉車両改造や購入時に

活用できるものをまとめました。

 

改造補助金、 免許取得補助金、障害者割引

自動車の改造補助金について

福祉車両助成 福祉車両改造で使える補助金

福祉車両に改造する

福祉車両を購入する際に

補助金や助成金が受けられる

場合があります。

 

福祉車両への改造で助成補助金を

受けられるのは、

障がい者本人が自ら所有する

クルマを支障なく運転するために

運転補助装置が必要とされる

場合が主です。

 

まれに、家族を介護するための装置を

改造する場合にも補助金が出る

自治体もあります。

 

ただし、障害者手帳に記載の等級に

制限がある場合や、

所得に制限がある場合があります。

 

また、前回申請してから3年以上経過

しないと申請ができない

(すぐに何度も助成金を受け取れない)

こともあります

 

 

例えば静岡市の場合

申請に必要なもの

自動車改造費補助金交付申請書

運転免許証の写し

身体障害者手帳の写し

車検証の写し

世帯全員の所得証明書(公的年金含)

改造の仕様書および改造に要する見積書

口座番号がわかるもの

認め印

 

静岡市の補助上限は10万円です。

補助限度額は各自治体によって

異なりますが、私が調べた限りでは、

上限10万円とする自治体が

多いように思います。

 

改造補助金、改造費助成金は

各市町村の福祉課が管理しています。

お問い合わせはお住いの役場・福祉課へ。

 

また改造補助金は、原則改造前の申請

なっております。

申請のタイミングには、ご注意ください。

 

自動車運転免許取得費用の助成について

運転免許の取得時に

かかった費用の一部を補助

制度もあります。

 

公安委員会指定の自動車学校で

講習を受ける必要があったり、

所得に制限がある場合があります。

 

例えば静岡市の場合

申請に必要なもの

運転免許取得費補助金交付申請書

運転免許証の写し

身体障害者手帳の写し

世帯全員の所得税納税証明書

預金口座

認め印

 

静岡市の補助上限は10万円です。

私が調べた限りでは、上限10万円とする

自治体が多いように思います。

 

申請は、自動車免許取得後に、

一定期間内にお住いの役場・福祉課に

行います。

 

自動車運転免許取得費用の助成は

各市町村の福祉課が管理しています。

お問い合わせはお住いの役場・福祉課へ。

 

高速道路の割引について

 

障がい者本人が運転する場合や、

介護者が障がい者を乗せて運転する場合

有料道路の割引が受けられます。

 

もちろん、ETC利用者にも

適用されます。

 

有料道路割引を受ける場合は、

事前の申請が必要です。

 

申請に必要なもの

身体障害者手帳または療育手帳

運転免許証(本人運転の場合のみ必要)

車検証

対象障害者名義のETCカード

割引を受ける自動車に搭載されている

ETC車載器セットアップ申請書・証明書

 

高速道路料金の割引は

各市町村の福祉課が管理しています。

お問い合わせはお住いの役場・福祉課へ。

 

自動車購入や改造費用の貸付制度

自動車購入や改造費用の貸付制度

生活する上で福祉車両が必要な方へ

福祉車両への改造や福祉車両の購入に

かかる費用の貸付制度があります。

 

「仕事や学校へ行くために

福祉車両に改造して運転したい」

「家族のために福祉車両を購入したい」

貸付制度で、生活課題の解決と

世帯の自立を支援してくれます。

 

貸付制度は主に

都道府県または市町村の

社会福祉協議会が

行っています。

 

例えば静岡県の場合

静岡県社会福祉協議会が行っており、

生活福祉資金として

障害者用自動車の購入に必要な経費として

250万円まで

貸し付けを受けることができます。

 

連帯保証人がいる場合は無利子

借りることができ、

連帯保証人をつけられない場合でも

低金利で借りることができます。

 

お問い合わせは、

お住いの都道府県または市町村の

社会福祉協議会にご確認ください。

 

各種税金等の優遇制度

自動車税

税金の免除、減免について

身体に障がいがあり身体障害者手帳

の交付を受けている方や、

社会福祉法人やNPO法人が

使用する場合は

免除あるいは減免されます。

 

これまで減免を受けてない方は

自動車販売店に申請を依頼すると

スムーズです。

ご自身で最寄りの財務事務所へ

申請を提出することもできます。

 

すでに自動車税の減免を受けている

クルマから乗り換える場合

 

やめるクルマの抹消登録または

他者への移転登録が完了してから

新しいクルマの申請ができます。

 

やめるクルマが軽自動車の場合

抹消登録が完了した翌年度(翌4月1日)

から申請が可能です。

 

登録名義人(車両所有者)は

障害者手帳の本人

ただし未成年の場合は

その家族となります。

 

申請に必要なもの

車検証(原本)

障害者手帳(原本)

運転免許証(写し可)

印鑑(認印可)

生計同一証明書(原本)-

常時介護証明書(原本)

 

自動車税は、

45,000円を上限額とします。

 

お問い合わせは

各都道府県の県税事務所まで。

 

軽自動車税

身体に障がいがあり身体障害者手帳

の交付を受けている方や、

社会福祉法人やNPO法人が

使用する場合は

免除あるいは減免されます。

 

これまで減免を受けてない方は

自動車販売店に申請を依頼すると

スムーズです。

ご自身でお住いの役場へ

申請を提出することもできます。

 

自動車取得税

「自動車取得税は、課税標準額300万円

に自動車取得税率を乗じて得た額を

減免限度額とします。」

 

計算式がありますので、

詳しくは自動車販売店か

最寄りの財務事務所へお問合せ下さい。

 

消費税

障がい者が自ら運転するために

必要な運転補助装置を有した

車両及び運転補助装置の取付費用。

 

また車いす移動車や

回転昇降シートなど介護用装置を

有した車両及び介護用装置の

取付費用の消費税が非課税となる

場合があります。

 

車両引き渡し時に固定されている

ナビゲーションやスタッドレスタイヤ

などのオプション類も非課税となります。

 

また、リース契約の場合は

そのメンテナンス費用も非課税です。

 

運転補助装置、介護系装置とも

非課税販売される装置の修理に関して、

その修理代も非課税となります。

 

非課税の対象となる運転補助装置

手動運転装置

左アクセル

足踏みウインカー

右駐車ブレーキレバー

足動運転装置

運転手用改造座席

 

非課税の対象となる介護用装置

車いす昇降リフトorスロープ + 車いす固定具

車いす収納装置+車いす固定具

回転昇降シート+車いす固定具

回転シート+車いす収納装置+車いす固定具

 

非課税の対象となる装置・改造は

複雑でわかりにくい点が多いです。

 

非課税となるオプションの定義も

細かく、都度確認が必要です。

 

福祉車両の購入や改造時には販売店と

よく相談の上商談時の確認をお願いします。

 

自動車運転免許の取得について

運転免許取得を目指す障がい者の方へ

【運転免許取得】自操式福祉車両で運転免許取得を目指す障がい者の方へ

 

免許をお持ちで障害を負ってしまった方へ

【運転再開】自操式福祉車両で運転再開を目指す障がい者の方へ

 

全国の福祉車両改造や購入の助成金及び消費税について

福島県

福祉車両改造や購入の助成金や消費税等について 福祉車両補助金 最新版

埼玉県

福祉車両の改造や購入に役立つ福祉車両と改造の助成金、補助金の制度

山梨県

福祉車両に改造・購入するなら絶対に知っておきたい税制度・助成について パート1

岐阜県

福祉車両や介護車両の改造と購入時などの補助金・助成金を紹介<岐阜県

 

 

最後に

日本には、一般的な「車屋さん」が9万店あるといわれています。この数はコンビニ(5万店)、歯科医院(6万店)よりも多く、どこにでもある身近な存在です。

 

しかしながら、福祉車両を専門で扱う車屋さんはほんの一握りです。

 

私どもは、多くの高齢者やそのご家族、障がい者が「クルマに乗る」ことで多くの苦労をされている姿を目の当たりにして、少しでもお手伝いが出来たらと考えるようになりました。

 

クルマは、「人生の中で2番目に高い買い物」と言われています。(*1番は住宅のようです)

 

当社では、そんなクルマを選ぶにあたり、「人生で2番目に高い買い物をするのにふさわしい、本当に安心できるお店」を目指して取り組んでおります。

 

インターネットで福祉車両と検索すると、スロープ車やスロープの改造に関する検索結果が多く出てきます。それだけ多くの方が車いすの方の乗車に困り、探しているということです。上記に書いてあるスロープ車を選ばれる方の願いは、もはや他人事ではなく身近なところで起こっています。

 

利用される方に本当に必要なのか?誰が介助するのか?体の症状は?

 

などお客様の考える福祉車両への要望、願いを念入りにお伺いして、お一人お一人に寄り添ったご相談、ご提案をさせていただきます。

 

これからお車を購入される方、すでにお乗りの方、改造をお考えの方、是非ご相談下さい!

 

お申し込みもこちらから可能です

感想もこちらからいただけると嬉しいです。

Q&Aとして公開されることをご了承ください。

(名前は出しませんのでご安心ください。)

時代は改造してくれる会社が求められているのではなく、
相談できる会社が求められています。

 

相談したい方は今すぐお電話を!

TEL:0548‐29‐0230

メールでのお問合せは

こちらのフォームからお願いします。

山下佳敦Facebookでも、
福祉車両改造事例や加工、施工の情景、福祉改造

への想いを公開しています。

ご興味ある方はFacebookでも、お友達申請お待ちしています。

-店長ブログ, 福祉車両改造

Copyright© 静岡の福祉車両改造は福祉車両ヤマシタオート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.