【全国にお届け】福祉車両・介護車両の中古車販売・改造|車いすスロープ|車いすリフト|回転シート|リフトアップシート|後付け電動ステップ|手動運転装置

福祉車両・介護車両の中古車販売・改造のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|全国からお客様の声多数

العربية简体中文English日本語PortuguêsРусскийEspañol

福祉車両などに貼ってある車椅子マークの意味とは

更新日:

福祉車両などに貼ってある車椅子マークの意味とは

街を歩いていて、車椅子マークが貼られている車を見かけたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

このマークは、正しくは国際シンボルマークという名称で、主に福祉車両に用いられるのですが、その意味や役割について詳しく理解している人は意外と少ないようです。

以下では、このマークについて知っておきたい事項を紹介しますので、ぜひこの機会に理解を深めてください。

 

車椅子マークの本来の意味とは

障害者マーク?車椅子マーク?正しい名前と意味をご存知ですか? | 手動運転補助装置

車椅子のデザインがあしらわれた国際シンボルマークは、福祉車両などに貼られるケースが多いため、そこに障害者がいることを示すものだと思われがちですが、その理解は正しくありません。

 

このマークの本来の意味は、障害を持っている人が誰でも利用可能な建物や施設であることを示すという点にあります。

そのため、福祉車両に限らず、障害者向けの施設や駐車場などには、たいていこのマークが示されているのです。

 

国際シンボルマークの歴史は意外と古く、1969年に国際リハビリテーション協会が採択したのがきっかけで世界中に広まったとされています。

日本の場合は、日本障害者リハビリテーション協会が管理を委ねられていますが、日本のみならず、世界中で使われているユニバーサルなデザインであるという点を理解しておくと良いでしょう。

 

車椅子マークの法的効力とは

車いすマークの駐車場、妊婦はダメ? 国などに聞くと…:朝日新聞デジタル

では、国際シンボルマークには、どのような法的効力があるのでしょうか。

例えば、このマークがあしらわれている障害者用駐車場に健常者が車を停めると何らかの罰則があるのでしょうか。

これについては、車椅子のマークを無視して車を停めたりすると、罰金等の対象になると思っている人が多いかもしれませんが、実際にはそのような法的な定めはないため、罰を受けるということはありません。

あくまでも、マークが持つ意味を理解して、尊重するかどうかは、個人のモラルに委ねられているのです。

 

もっとも、だからといってマークを全く気にしなくて良いというわけではありません。

施設の中には、警備員などを配置して、障害者が気持ちよく利用できるようにしっかりと管理しているようなところもありますので、そういった努力を踏みにじらないようにするためにも、マークがあるスペースでは、なるべく障害者に配慮した行動を取るべきなのです。

もし人々がマークを無視して自分勝手な行動を取り始めると、障害者が非常に暮らしにくい社会になってしまいますので、そのような状況にならないよう、一人ひとりの自覚を持った行動が求められます。

 

車椅子マークを車に貼っておけば、路上に駐車しても大丈夫と思っている方がいるかもしれませんが、その理解は正しくありません。

そのような効力を有するのは駐車禁止等除外標章と呼ばれるもので、これは警察署に申請して交付を受けなければ使用することはできません。

車椅子マークを貼っただけの車を路上に駐車すると、違反切符を切られてしまいますので、くれぐれも勘違いしないように注意しましょう。

 

パーキングパーミットとは

思いやり駐車場、広島県ほかパーキングパーミット制度導入で利用しやすく

残念ながら、いくら車椅子マークを尊重すべきであるという点を説明しても、それを無視する心無い人が一部に存在するというのも事実です。

そのような人が車椅子マークを悪用するのを防止するために、一部の自治体ではパーキングパーミットと呼ばれるシステムを導入しています。

このシステムは、障害者や妊婦、怪我をして体が不自由な人などが、あらかじめ申請して利用証の発行を受けることで、専用の障害者用駐車場などを利用できるようになるというもので、2006年に佐賀県が全国に先駆けて始めて以降、多くの自治体で採用されるようになっています。

 

なお、このパーキングパーミットを使って利用できる駐車場は、施設の出入口付近に設けられている場合が多いのですが、これには理由があります。

すなわち、障害がある人々は車に乗り降りするのも容易ではなく、それなりに広いスペースを必要とするケースも少なくないのですが、そういった場所を整然と区割りがなされた駐車場内に確保するのは難しいため、結果的にスペースを取りやすい出入口付近に障害者用の駐車場が集中するというわけです。

もちろん、駐車場から施設への動線も考慮はされているはずですが、必ずしもそれだけではないという点を理解しておきましょう。

 

車椅子マークの意味を理解して責任ある行動を心がけよう

 以上で見てきたように、車椅子マークとして知られる国際シンボルマークは、必ずしも法的効力を有するものではないものの、すべての人が快適に暮らせる社会を実現するためには、その意味を理解して行動することが求められます。

我々一人ひとりが、自分本位にならずに、障害者に寄り添った行動を普段から心がけるようにすることが求められているのです。

 

 

福祉車両を探す

福祉車両へ改造する

-福祉車両中古車, 福祉車両お役立ち情報

Copyright© 福祉車両・介護車両の中古車販売・改造のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|全国からお客様の声多数 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.