【福祉改造実績】ホンダ ステップワゴン×手動運転装置他改造

更新日:

【福祉改造実績】ホンダ ステップワゴン×手動運転装置他改造

地元のイベントに福祉車両改造のデモを展示していた際に、ブースによって頂いたT様。

たまたま車の買い替えをご検討されており、たまたまイベントに顔を出して、たまたま私のブースを見てしまったとのこと。私自身も、何気なくチラシを渡しただけ。特に説明もしていませんでした。

 

イベントの後日お電話をいただき、ご来店いただきました。

すでに乗っているフリードには、レバー式の手動運転装置がついていました。お子さまの成長とともにもう一回り大きなステップワゴンに乗り換え予定で、すでに車は注文済み。後は手動運転装置と、座面が高くなってしまったので車いすから乗り移るのに必要な補助具をどうしようか悩まれていました。

 

 

手動運転装置は、リング式手動運転装置「アクセルリング」

手動運転装置は、当店のデモカーにつけたリング式手動運転装置「アクセルリング」を体験していただきました。レバー式との操作感や費用面の違いを説明したうえで、次のステップワゴンには新たにリング式の手動運転装置を採用いただきました。

 

移乗の補助具は、跳ね上げ式サイドサポートシート

車いすから運転席への移動の補助具は、当初は運転席を回転昇降シートに改造することでした。しかしながら費用面と、ご本人様がまだ若くて上腕の体力もあることから、結果的にはサイドサポートシートと上腕の力で登っていただくことにしました。車いす座面高さと運転席高さの中間の高さにサイドサポートシートを合わせることで、階段状に上ることができました。

 

 

サイドサポートシートは固定式と跳ね上げ式とがありますが、今回は跳ね上げ式を採用いただきました。固定式は乗り降りの際に必ずシートの取り外しが必要になります。一方跳ね上げ式は立ち上がって隠れているシートを引っ張り出すだけなので、手間が少なく簡単です。

 

 

 

ご覧になった方はこちらもチェックしてます

介護系改造実績一覧

>>介護系福祉車両改造実績はこちら<<

当店おすすめの福祉車両中古車の情報はこちら

>>福祉車両中古車の在庫情報はこちら<<

介護系の福祉車両改造にかかる費用とは?改造別まとめ

介護系の福祉車両改造にかかる費用とは?改造別まとめ

 

当店が福祉車両専門店である理由

 福祉車両ヤマシタオートは2016年からスタートしました。

元々は1966年に設立された自動車整備工場でしたが、代表の山下が高齢化する地域社会に貢献して、さらには障がい者の生活を車からサポートするために福祉車両専門店と業態変化させました。

 今では県内外から福祉車両の購入や福祉車両への改造のご相談をいただけるまでになりました。ここにたどり着くまでには多くの葛藤や現場スタッフの離職など大きな困難に立ち向かい、そして多くの支えの中で成長させることができました。

詳しくはトップページ下部の「私が福祉車両専門店を始めた理由」を是非ご覧ください。

 

 

福祉車両ヤマシタオートでは、福祉車両への要望、願いを念入りにお伺いして、お一人お一人に寄り添ったご相談、ご提案をさせていただきます。

これからお車を購入される方、すでにお乗りの方、改造をお考えの方、是非ご相談下さい!

質問・相談はこちらからメールで!

 

相談したい方は今すぐお電話を!

TEL:0548‐29‐0230

メールでのお問合せは

こちらのフォームからお願いします。

山下佳敦Facebookでも、
福祉車両改造事例や加工、施工の情景、福祉改造

への想いを公開しています。

ご興味ある方はFacebookでも、お友達申請お待ちしています。

-店長ブログ, 手動運転装置(リングタイプ), ホンダ, サイドサポートシート, お客様の声, 自操系改造実績

Copyright© 福祉車両・介護車両のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|静岡をはじめ全国からお客様の声多数 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.