福祉車両で比較してみた ~ トヨタ シエンタ vs ホンダ フリード

福祉車両で比較してみた トヨタ シエンタ vs ホンダ フリード

 

コンパクトカーでよく比較される、トヨタ シエンタと ホンダ フリード。福祉車両においても、両車を比較するとそれぞれの特徴が際立ちます。

比較を行った結果が、「どちらが良くてどちらが悪い」ではありません。

乗る方、介助する方、介助を受ける方が乗りやすいクルマ、タイプを選択していただけたらと思います。

 

結論!こんな人にはコチラがおすすめ!!

運転席から手の届くところに車いすの方を乗車させたい → シエンタ(タイプ2)

ストレッチャーも乗せたい → シエンタ(タイプ2)

車いすの方が乗車しても、大人数で乗りたい → フリード

車いすのまま乗れて、たまには助手席にも乗車させたい → 旧型シエンタ(タイプ3)

 

運転席から手の届くところに車いすの方を乗車させたい方、ストレッチャーを載せたい方は”シエンタスロオーパータイプ2”がおすすめ

 

販売店装着オプション専用車いす[ウェルチェア]での1.5列目乗車が可能です。[参考]写真のモデルの身長は150cmです。

シテンタスローパータイプ2は、座席は運転席助手席と、2列目右1席の計3席、タイプ1の2列目2席シートがない形になります。

助手席が前側にたため、1.5列目まで車いす(主にお子様向け)が乗り入れられ、運転席から手が届き安心です。また、ストレッチャーでのご乗車も可能です。

介助の方が車いす乗車の方のすぐ隣に乗車できるので、移動中のケアも容易です。

ストレッチャーでのご乗車も可能です。

ストレッチャーも余裕を持って入ります。

 

車いすの方が乗車しても、大人数で乗りたい方は”フリードスローパー”がおすすめ

 

床が低くてフラットだから、乗り降り安心。

フリードスローパーは最大乗車人数が、運転席助手席、2列目3名、3列目車いすの方1名の合計6人乗り。車いすの方乗車時にシートを収納する必要がないため、シートの乗車定員は変わりません。

一方、シエンタスローパー(タイプ1、タイプ3)は2列目のシート(2人掛け)を倒して車いすの方が乗車するため、車いすの方が乗車すると乗車定員が減ってしまいます。

リクライニング機構付車いすでのご乗車も可能です。

 

車いすのまま乗れて、たまには助手席にも乗車させたい方は、”旧型シエンタスローパータイプ3”がおすすめ

助手席回転チルトシートが標準装備。

リクライニング機構付車いすでのご乗車も可能です。

シエンタスローパータイプ3は、シートアレンジが運転席助手席と2列目3人乗りの計5人乗り。2列目シートの2席が前側に俺畳み、車いすの方が1名乗車できます。さらに、助手席が回転チルトシートになっているので、シートへの移乗も簡単にできます。

 

シエンタ・フリードの福祉車両を検討される方へ

福祉車両ヤマシタオートでは、シエンタ・フリードを含めた多くの福祉車両をストックしています。まずはどんな車があるかだけでもぜひチェックしてみてください。

 

厳選福祉車両が、続々入荷中!新着車両をいち早くチェック!>

 

トヨタ・ホンダの福祉車両に興味のある方はこちらもチェックしてます

ホンダ フリード福祉車両が売れてる理由は○○おすすめのワケ

ホンダ フリードFREED 福祉車両が売れてる理由は○○おすすめのワケ

 

トヨタ シエンタ福祉車両が売れている理由は〇こんな方におすすめ

介護福祉車両にシエンタが一押し!その特徴を徹底解説

 

 

 

投稿記事の下に一括表示2

福祉車両を探す

福祉車両へ改造する

© 2022 福祉車両・介護車両の中古車販売・改造のことなら福祉車両ヤマシタオートへ|全国からお客様の声多数 Powered by AFFINGER5